2011年秋から2013年春にかけて、海外学振とサバティカルを利用して留学させていただいてました。ありがとうございます。あまりにも有難いので、研究成果以外にも何か世の中に還元できないかと思い、これを始めました。…という大きな目標を持ってはいますが、自分の頭を整理するためと、寂しさを紛らわすために書いてる部分が多いです。ごめんなさい。「その他の話」「セミナー聴講」「英語チラ裏」は、見聞きしたことの備忘録です。

【2016年夏 追記】
ここは僕が北里に勤めていた頃に作ったホームページの名残です。転職してからここのページの更新はしていませんでした。しかし、2016年秋からまた留学(長期出張)させていただけることになったので、それに関してはここに追記したいと思います。上の副題は、壮行会の時にうちのボスが言い放った臨床病理のモットーです。

----------------------------------

 留学生日記2  

   | 1/108 PAGES | >>



夏時間はじまった

16時間後の朝9時に処置しようと思っていたが、出遅れて30分遅刻した。

 

・・・と思ったら、今日から夏時間だった。おかげで、16時間後は朝10時ということになるので、間に合った。

 

スマートフォンは勝手に夏時間にあわせてくれるから起きた現象。助かった。というか寝坊じゃなかったんだなあ。体内時計ってすごいなあ。

 

  • 2017.03.12 Sunday
  • -



クルマ換えてきた

空港まで行ってクルマ交換してきた。空港に勤めてる人たちってどうしてあんなにつっけんどんなんだろうね。いそがしいんだろうね。

 

いいところとしては、ヘタクソな英語でも嫌な顔されないところだね。
 

  • 2017.03.11 Saturday
  • -



枯葉散る    

なんか急に暑くなってきたぞ。フロリダの冬は終わったらしい…。春の到来か。

 

と思っていたら、なんか葉が落ちてきた。あったかくなると葉が枯れる・・・そういうもんなのか?

 

  • 2017.03.10 Friday
  • -



ヨーグルトとフォーク  

ヨーグルト買ったら、スプーンがきれてるそうで、フォークをくれた。おいおい。ホントこの国ってテキトーだなあ。しょうがいないのでフォークで食べた。すごい違和感。味まで変わった感じがした。味覚って不思議だね。
 

  • 2017.03.09 Thursday
  • -



代車手に入れた 

翌朝、祈るような気持ちでエンタープライズへ行って事情を説明したら、エンタープライズのフロントの人は「え? 真夜中に? なんだそりゃ」と答えた。「うーん、じゃあ君の電話番号を教えて」と言われ、照会したが、ヒットしない。そりゃそうだ、アラモで借りたんだ、俺は…。こいつはやっぱりやられたか。

 

と思っていたが、そういえば借りたときはまだ電話番号が日本の物だった。日本の電話番号で照会したところ、なにかにあたったらしく、どこかに電話して、「確認が取れました、車をご案内します」と言われた。

 

たすかったよ・・・前もって連絡がなかったのも、電話番号が使われていなかったからなのね。エンタープライズに行くよう指示されたのも、アラモとエンタープライズは系列会社だかららしい。真夜中に訪ねてきた理由はトウイングカンパニーに頼んでいるからうちでは分からないといわれたが、一応謝ってくれた。

 

ということで代車を手に入れたが、これがタバコくさいうえにそれを消し去るための香水くさくて・・・ラブホみたいなにおいで乗れたものではない。
 

  • 2017.03.08 Wednesday
  • -



車もってかれた 

真夜中、古い線路の枕木のようにこんこんと寝ていたら、大家の部屋のドアをたたく音で起こされた。大家は「おい、誰か訪ねてきたみたいだ」と言った。外に出ると大柄なトムと名乗る男が来ていて「君のレンタカーはリコール対象になっているから引取りに来た。今すぐ渡して欲しい」という。

 

どう考えてもあやしい。英語も聞きなれない表現が多くてよく分からない。信用できないでいたが、大家さんに「大丈夫、いいから早くしろ」と急かされているうちに、気が着いたら荷物をおろして鍵を渡してしまっていた。

 

トムは「近くのエンタープライズにきてくれ、代車をかりられるようにしてあるから」といって特に証明書のようなものもくれることなくあっという間に去っていった。近くといっても車で10分ある。大家が送ってくれることになった。

 

じゃあ明日朝に、といって大家さんと別れたが、布団に戻って考えてみるとやっぱりどう考えてもおかしい。まず僕がレンタカーを借りた会社はアラモでエンタープライズじゃない。普通前もってなんらかの連絡があってよさそうだがなにもなかった。そもそも真夜中に訪ねてくるのがおかしい。証明書も彼の名刺も何ももらっていないが、明日エンタープライズへ行って「知らない」と言われたらなんといって証明すればよいのか。などと考えていると、だまされたとしか思えなかった。

 

さらに、真っ暗な中で荷物を降ろしたので、全部降ろしきれていたかもだんだん不安になってきた。一部大事な書類が手元にない。学校においてあるはずだけど、車に積んであった気がしてきて、眠れなくなった。


  • 2017.03.07 Tuesday
  • -



USF とは関係薄い

この研究所は南フロリダ大学の敷地のはずれにあるけど、USFとの交流はほとんどない。USF卒の院生も数人しかいない。そのほかは世界中からバラバラに集まってきてる。カナダ、スペイン、イタリア、中国、などなど。

 

2・3ヶ国語話せる人はざらにいる。ポスドクは7ヶ国語話せるらしい。母国スペイン語、英語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、あと2つなんかスペイン付近のマイナーな言語。

 

うーん、なんかやつらにとっては方言みたいなもんなのか? それだったら僕だって標準語、関西弁、茨城弁、青森弁話せるけどなあ。「7カ国語話せるけど、書けるのは4−5ヶ国語」っていうのも、不思議な感触。

 

  • 2017.03.06 Monday
  • -



ホームパーティ2

ポスドクにホームパーティに誘われた。どうした、急に何度も。これまでそういうのなかったのに。ありがとう。

 

はじめてポスドク達とこれまでの経歴などを話したりした。やっと打ち解けてきた・・・という感があるが、そろそろ帰り支度を始める頃合いである。

 

  • 2017.03.05 Sunday
  • -



フローサイトした

フローサイトの結果ってキレイだなあ。免疫染色はあんなに難しいのに、なんでこんなにきれいにS/N比が美しく分かれて染まるんだろうか。

 

細胞が免疫系の細胞でバラけやすいってのは大きな理由なんだと思うけど、、、これってフローサイトの技術的特徴なんだろうか。それとも、抗体がいいからか? オペレーターの腕がいいからか? マシンの性能がいいからか? 理由によっては獣医に持ってくるのは難しいかもしれないなあ。
 

  • 2017.03.04 Saturday
  • -



ぐるぐるしてた 

人間の腫瘍だとしてもプロセスは同じ。でも、わくわくするね。

 

  • 2017.03.03 Friday
  • -



| 1/108 PAGES | >>
je-pu-pu 無料カウンタ