2011年秋から2013年春にかけて、海外学振とサバティカルを利用して留学させていただいてました。ありがとうございます。あまりにも有難いので、研究成果以外にも何か世の中に還元できないかと思い、これを始めました。…という大きな目標を持ってはいますが、自分の頭を整理するためと、寂しさを紛らわすために書いてる部分が多いです。ごめんなさい。「その他の話」「セミナー聴講」「英語チラ裏」は、見聞きしたことの備忘録です。

【2016年夏 追記】
ここは僕が北里に勤めていた頃に作ったホームページの名残です。転職してからここのページの更新はしていませんでした。しかし、2016年秋からまた留学(長期出張)させていただけることになったので、それに関してはここに追記したいと思います。上の副題は、壮行会の時にうちのボスが言い放った臨床病理のモットーです。

----------------------------------

 英語チラ裏   

   | 1/10 PAGES | >>



きまりもんく  
I'll keep you posted on his progress.

彼について、何かあればまた連絡します。
  • 2013.06.22 Saturday
  • -



病院での英会話 
北里大学獣医学部獣医学科では5年次の夏にパデュー大学・テネシー大学・ジョージア大学の附属獣医病院に研修にいくプログラムがある。その学生さんから、予習するにあたって何かよいテキストはないかと聞かれた。

そこで、わが大学の獣医解剖の先生がお書きになった「動物のお医者さんのための英会話」から始めてはどうか、と答えた。この本には、臨床現場で実際に使いそうな英単語が満載されているし、コラムが多いので面白く英単語が頭に入ってくるし、そういう意味でとてもオススメである。

ただ、英会話のロールプレイング用のスクリプトとして使うには他のテキストも必要であるように思った。問診や回診時のトークをそのまま抽出したようなもの・・・ 。どっかにいいのないだろうか。

病院での英会話(ノバルティスファーマ)
http://www.novartis.co.jp/english/index.html

↑のサイトのスクリプトとか、いいかもしれない。ヒトの患者目線の英会話集だけど、応用できると思う。もっといいのがあったら教えてください。
  • 2013.05.02 Thursday
  • -



ふられた    
She dumped me. あるいは受身にして
I got dumped by my girl friend.

dump
 とか ditch ってゴミをゴミ箱に投げ捨てるときとかに使う単語だよね。たまらんなあ。ちなみに、for でつづけることで理由を述べることもできる。・・・またひとつ賢くなったが・・・グーグル先生よう。やっぱり別れる理由ってのはそういうことなんすよねえ。

  • 2013.04.22 Monday
  • -



お大事に    
今回カゼひいて経験した限りでは、具合悪い人への別れのあいさつとしては Feel better. がもっとも自然なようである。派生としては、

Hope feel better.
Feel better soon.

などを言われた。辞書によると、Take care. とか Get well. という表現もあったけど、Take care は普段から使うし、Get well は一度も言われなかったので、これらはもうひとつかもしれない。Bless you. というのも辞書には「お大事に」とあったが、それは普通はくしゃみしたときに限って使われている。

以上が今回の風邪で手に入れた知識でした。Take care!
  • 2012.12.16 Sunday
  • -



いらっしゃいませ
いまさら感もあるけど一応。「いらっしゃいませ」は May I help you? と習ったけど、言われたことは一度もない。

かわりに What can I do for you? は、いつもどこの店でも言われる。でもこれは「いらっしゃいませ」より「ご注文をどうぞ」に近い気がする。 

日本の店に入って最初のいわゆる「いらっしゃっせー」は、この国ではただ微笑まれるか、 Hi とか How's it going? といわれることが多い。ハズゴ〜ンとしか聞こえないけども。
  • 2012.12.07 Friday
  • -



アウトはアウト 
文章の一部を削除して省略する場合、omit skip でも通じるが leave it out というのも自然な表現らしい。

このアウトのつく表現、一瞬とまどう。get it outkeep it out くらいならいいんだけど、 cut it out とか wait it out とか、どっちじゃいって思う。
  • 2012.11.25 Sunday
  • -



マスターいつもの
アメリカでは、バーの大将のことをマスターとは呼ばないらしい。びっくり。マスターといったらみんなに大笑いされて、「なんのマスターだよ。ライトセイバーでも振り回すのか?」と言われた。
  • 2012.11.22 Thursday
  • -



一番右のやつ  
最も右側の:rightmost

rightest などとはあまり言わないようである・・。でも通じた。みんなやさしい。
  • 2012.11.19 Monday
  • -



有難うございます
ありがとうございます、と目上に言うときに、「サンキュー、アイ・アプリシエイテッ」はよく聞く表現である。でもふと、I appreciate it. なのか I appreciated. なのかどっちなんだろう、と気になった。 僕の耳では聞き分けられない。

そしたら「教えてgoo」にとても丁寧な答えがあって、なるほど〜〜と思ったので貼っておく。あんまり教えてグーは当てにならんと思っていたけど、このベストアンサーの人、すごいなあ。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3050680.html

ちなみに受身にして頭を省略した、Much appreciated. という表現も聞く。これなら気にしなくてよい。
  • 2012.10.19 Friday
  • -



get to     
get to に名詞が続く言い回しがある。非常にたくさんの意味がある。訳しにくいが、訳そうとせずに「ゲット」のニュアンスから連想することは比較的容易な言い回しだと思う。ただ、ここに to が必要な彼らのセンスがピンと来ない。なくてもいい気がしてしまう。
http://eow.alc.co.jp/search?q=get+to

get to 名詞:〜に着手する
get to 地名:〜に達する
get to 人や性格など:影響を与える

例)
Let's get to it.  それに取り掛かりましょう
How can I get to Riverside?  リバーサイドへどうやっていくの?
It really got to me.  感動したよ
  • 2012.09.18 Tuesday
  • -



| 1/10 PAGES | >>
je-pu-pu 無料カウンタ