2011年秋から2013年春にかけて、海外学振とサバティカルを利用して留学させていただいてました。ありがとうございます。あまりにも有難いので、研究成果以外にも何か世の中に還元できないかと思い、これを始めました。…という大きな目標を持ってはいますが、自分の頭を整理するためと、寂しさを紛らわすために書いてる部分が多いです。ごめんなさい。「その他の話」「セミナー聴講」「英語チラ裏」は、見聞きしたことの備忘録です。

【2016年夏 追記】
ここは僕が北里に勤めていた頃に作ったホームページの名残です。転職してからここのページの更新はしていませんでした。しかし、2016年秋からまた留学(長期出張)させていただけることになったので、それに関してはここに追記したいと思います。上の副題は、壮行会の時にうちのボスが言い放った臨床病理のモットーです。

----------------------------------

 留学生日記2  

   | / PAGES |



ケネディ宇宙センター

院生とそのお母様と再会し、ケネディ・スペース・センターに行った。堅苦しい博物館かと思ったら、アポロ計画からの出来事や遺物が趣向を凝らして展示されていて、「文化的な遊園地」といった趣だった。「文化的な遊園地」は、僕に万博のパビリオンを思い出させた。

 

 

僕にとって万博といえば奈良・シルクロード博のことで、まだ幼かった僕や妹を無理して連れてってくれた母のことや当時のもろもろを急に思い出してしまい、涙を堪え切れなくなった。それがちょうどスペースシャトルの前の出来事で、院生やそのお母様はそれほど目新しくもないスペースシャトルの演出のどこにそれほど感動する要素があるのかと、ややけげんな顔をされていた。

 

 

 

  • 2017.03.20 Monday
  • -



| / PAGES |
je-pu-pu 無料カウンタ